英語buddyのすすめ

使わずして上達するのは難しい

英語を学びたいという方からのご相談で、「これは難しいな」と感じる悩みの一つが「使う機会がない」ということです。実際に使う場がないのに勉強するというのは殆ど「趣味」みたいなものです。そうなると、よほど勉強好きな人でなければモチベーションが続かないのは当然です。それでも頑張ろうとすると「修行」です。

モチベーション維持の難しさに加えて学習効率も下がります。使う機会がない言語を学ぶのって、使ったことがない電化製品の説明書を読む感覚に近い気がするんです。知識として理解は出来ても実感が伴わないから学んだことが定着しません。

「いつか海外に住みたい」「英語を使って仕事をしてみたい」など、今は英語を使う機会がないけれど、将来英語を使って叶えたい夢があるという方は、英語を「学ぶ」と同時に「使う」ことを絶賛オススメします

英語コーチングって何するの?では、目的を明確化した上で自分に合った学習戦略とプランを策定することが大切であるとお伝えしました。そして、私がコーチー(コーチングを受ける人)にお願いしているのが、「英語を使う機会をつくる」ことです。「使いこなせる」ようになる唯一の方法は「使い倒すこと」です。「英語を使う機会がない」という状況では、どんなに頑張って勉強しても使いこなせるようにはなりません。新しく学んだことは、使わなければ知識からスキルに変わることはありません。

英語buddyをつくろう!

英語を使う機会を増やすためにお勧めしているのが、「英語buddy」を見つけることです。buddy=相棒です。

「英語buddy」の条件は、
1. 自分より英語スキルが高いこと
2. 安心して話せる相手であること

英語ネイティブの方だと理想的ですが、何よりも大切なのは「この人となら英語を話しやすい」と感じる相手であることです。安心して英語を話すことにトライできる場があることが重要です。

「英語buddy」をお勧めする理由は2つあります。一つは使う機会を増やすためです。「英語buddy」相手に、なるべくたくさん英語を話してください。英語に限らず何かを習得しようとする時は慣れも大切ですよね。そして、もう一つは「学び」を「実践」につなげるためです。新しく覚えた単語や表現を「通じているかな?」と確認しながら使うことで、学んだことを自分のものとして取り入れていく作業をするのです。

語学を学ぶには、その言語がネイティブの恋人を作ると良いなどとも言いますね。「相手と会話したい」とモチベーションが上がるとともに、その言語を日常的に使う機会が得られるというのも良いと思います。更には、安心した関係の中で自分が多少おかしな表現を使っても大丈夫という気持ちで、わからないことを聞ける存在が身近にいるというのも大きなポイントです。最高のbuddyです♡

英語buddy候補はあらゆるところに

「英語buddy」は、誰でも構いません。数年前にアメリカに移り住んだ私の友人は、家を探しているときに不動産屋さん相手に「英語レッスン」をしたそうです。彼女は英語が不自由ながらも不動産屋さんに一生懸命に喋ってみることで「この表現は通じた」、「これはダメだった」と新しく覚えた単語や表現をひたすら試す機会にしていたそうです。不動産屋さんを英語buddyにしていたわけです。(不動産屋さんは気付いていなかったでしょうが・・・笑。)因みに、彼女はたくさん話したお陰で自分好みの素敵なお家も見つけました。

そうは言っても、そもそも英語に触れる機会すらなかなかないのが悩みなのに、buddyを見つけるなんて無理っ!・・・ということもありますよね。
そういう場合は、オンライン英会話など、多少お金を使ってでも英語を使う機会を確保することをお勧めします。最近は比較的安価で手軽に使えるサービスも沢山あります。オンライン英会話の先生を英語buddyにして、可能な限りたくさん英語を話しましょう。量をこなすこと、慣れることは本当に大切です。習うより慣れろですっ(あ、学ぶことも頑張ってくださいね💦)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です