『DIAMOND online』にて執筆記事掲載中!!

オードリー・タンさんの通訳で出会った素敵な言葉

“Poetician”〜政治家が詩人であること

少し前のことですが、台湾のIT担当大臣であるオードリー・タンさんの通訳をさせて頂きました。

オードリーさんの素晴らしさや面白さはメディアでもたくさん語られているので、私は同時通訳者の視点で感じたことをお伝えしたいと思います。

オードリーさんは自分のことを”Poetician”と呼びます。これは”poet”(詩人)と、”politician”(政治家)を掛け合わせた言葉で、「難しい言葉を使わずに民衆の心に寄り添う政治家」という意味です。

実際、出てくる言葉はまさに詩人のようで、通訳していてもつい引き込まれてしまいます。実はオードリーさんの通訳は今回で2回目だったのですが、前回同様ご自分のジョブディスクリプション(職務内容)について語ってくださいました。

When we see “internet of things”, let’s make it an internet of beings.
When we see “virtual reality”, let’s make it a shared reality.
When we see “machine learning”, let’s make it collaborative learning.
When we see “user experience”, let’s make it about human experience.
When we hear “the singularity maybe near”, let us remember: the plurality is here.
(対訳)
「モノのインターネット」は、「人のインターネット」にしよう
「仮想現実」は、「共有現実」にしよう
「機械学習」は、「協力学習」にしよう
「ユーザー経験」は、「人の経験」にしよう
「シンギュラリティ(特異点)は近い」という言葉は、「複数」が存在することを思い出そう
*singularity”には「特異点」のほかに「単一」という意味もあり、「単一」に対しての「複数」つまり多様性という意味で”plurality”(複数)という言葉を使った表現だと解釈してます。

これは、ジョブディスクリプションというより詩です。
やはり”Poetician”ですね!

台湾のコロナ対策についてもお話ししてくださいましたが、ユーモアを交えながら分かりやすい言葉で必要なことを伝える台湾政府の対策には、オードリーさんの詩的な言葉のセンスも活かされているのだろうと想像します。

“Moonlighting”のシビックハッカー

台湾のIT政策にはシビックハッカー(市民エンジニア)の活躍が大きいと言われます。マスクの在庫がどこにあるのかを確認できるアプリを、あっという間につくった話は有名ですが、このアプリ作成にも多くのシビックハッカーが協力していたということです。

オードリーさんは、「元ハッカー」としてシビックハッカーをコーディネートし、政府とシビックハッカーの間を取り持ったり、時には「三角形のようにバランスを取る役割」を担っているということです。そして、「自分は100%政治家ではなく、今も”moonlighting”で現役のシビックハッカーをやっている」と語ります。

“Moonlighting”というのは、「こっそりやっている副業」のような意味です。”Moonlighting”という言葉自体は英語の表現として存在しているのですが、月明かりのなかでコソコソと楽しげにプログラミングしているオードリーさんの姿を想像して、ちょっと楽しい気持ちになりました。(実際には月明かりのなかで作業しているわけではないと思いますが・・・笑)

他の講演でも、良く引用されているレナードコーエンの歌の歌詞についても触れられていました。

Ring the bells that still can ring
Forget your perfect offering
There is a crack in everything
That’s how the light gets in 
(対訳)
まだなる鐘を鳴らせ
完璧さを求めるな
すべてのものにはヒビがある
光はそこから入るのだ

一時は「コロナ対策の優等生」と言われていた台湾も、今は感染拡大に苦しんでいます。きっと、それでも「出来ることをやる」という想いで日々の任務をこなされているのだろうと感じました。

オードリーさんのお話は、とても哲学的で、伝わるコミュニケーションや、相手に行動してもらうために必要なこと信頼構築の仕方についてなど、本当に学ぶことの多い貴重な経験でした。

Voicyでも同じテーマでお話ししています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です