文章の出だしが、いつも同じになってしまう問題

自己紹介の時に”I am”を連発してしまう

ブログを読んでくださったオオタさんからこんなご質問を頂きました。

ご質問
英語初級者の私は自己紹介の時”I am”を連発してしまいます。
もしくは”I”I”I”,”My””My””My”...の連続になってしまい、すごくカッコ悪いです。上手な自己紹介のコツってあるんでしょうか?

オオタさん、ご質問ありがとうございます!これ、英語コーチングをしていても良く出てくるテーマですし、実は私も気がつくと、ずっと同じ言葉で始まる文章で喋ったり書いたりしていて「私、ダサい・・・チーン」となることがあります。名付けて、「文章の出だしが、いつも同じになってしまう問題」です。


この問題って、英語の文法にも深く関わっていると思うんですよね。英語は日本語と違い、基本的に主語がないと文章が成り立たない構造になっています。なので、同じことについて話し続けていると、文章の初めにくる主語が変わらないので、同じ言葉を連発してしまう問題が発生するのです。自己紹介は、まさにこのケース。「自分」が主語になるので「”I am”を連発してしまう」現象が起こるのでしょう。


英語の特徴の一つに、同じことを言うときにも表現を変えるということがあります。例えば、自分の会社のことを話しているときに「わが社は〜」という言葉が何度も出てくる場合は、「Our company〜」「the company〜」「◯◯(会社の名前)〜」など様々な言い方で「わが社」を表現します。そうすると「わが社」のことを話し続けていても同じ主語が続くのを避けらます。


ただ、自己紹介でこれは結構難しいんです。「I」(私)をそのまま言い換えられる言葉はほとんどないですし、自分のことを三人称風に「This man」(この男性)、「The person in front of you 」(あなたの目の前にいる人)、「The Japanese」(この日本人)・・・などなど、思いつくままに書いてみましたが、これで自己紹介したら、ちょっと変ですよね(苦笑)


英語のネイティブスピーカーはどうしているのか?

果たして、英語のネイティブスピーカーはどうしているのか?実は一度ガッツリ観察したことがあります(笑)。答えは案外シンプルで、彼らは絶妙に言い換えているんです。

例えば自己紹介だったら、「I am」(私は〜)とか、「My hobby is〜」(趣味は〜)の他に、「When I have free time〜」(自由時間があるときは〜)、「As for my family〜」(家族は〜)、「During my college years〜」(大学時代は〜)のように、いろんなバリエーションで文章をスタートできるような言い方を工夫しています。これは、母国語として英語を長年使い続けていることで自然に身につけたスキルというか、ほとんど感覚的にやっていることなのでしょうね。

非ネイティブである私たちは、こういうスキルや表現を意識的に学ぶ必要があります。その場でパッと出すのはハードルが高いので、事前にパターンを考えて準備してから自己紹介に臨むと気持ちも楽もしれませんね。


大切なことは・・・

そして、もう一つ英語ネイティブスピーカーが自己紹介をするところを観察していて気づいたことがあります!言い回しのバリエーションはそこまで多くなくても大丈夫だということです。英語ネイティブスピーカーでも自分で気づかないうちに口癖で同じ言葉を連発していることはよくありますから(笑)。

いまオオタさんが自己紹介をする時に、「”I”I”I”,”My””My””My”...の連続になってしまう」のだとしたら、あと2つ、3つ違う表現を増やすだけで、耳障りではないくらいのバリエーションは確保できます。(本当です!)


そして、相手が関心を持っているのは表現ではなく、あくまで話の中身です。なので、あまり難しく考え過ぎず、幾つか表現を用意したらオオタさんの良いところをたっぷり知ってもらうべく自信を持って自己紹介してみてください!
応援しています!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です