『DIAMOND online』にて記事連載中!!

リスニング力強化トレーニング(ちょっと頑張る編)

リスニング強化トレーニング(ちょっと頑張る編)

前回は、「まずは続ける編」として、英語に慣れることや、英語トレーニングを習慣化する事にフォーカスしたリスニング強化トレーニングをご紹介しました。今回は「ちょっと頑張る編」です。

「英語を聞いて大体の意味は分かるけれど、リスニング力にイマイチ自信が持てない」とか、「途中から話が分からなくなることがある」という方には、是非試して頂きたいトレーニングです。

リスニング強化トレーニング(ちょっと頑張る編)
・映像コンテンツの字幕を「英語」に設定し、目で確認しながら聞く
・「聞き取れていない音」を見つけたら、その音を意識してもう一度聞く

「リスニング強化トレーニングをちょっと真剣に頑張ってみたい」という方にお勧めしたいのが、映像コンテンツ字幕を「英語」に設定し、目で確認しながら聞くことです。その際に、「意味が分かるかどうか」よりも、字幕を目で追いながら「音が聞き取れているか」に意識を向けてください。

例えば、好きな海外ドラマを観る時に10分だけ(5分でも!)、この方法で「音」に集中してみましょう。しつこいですが、ここでフォーカスするのは「意味が分かるか」ではなく、「聞き取れているか」です。

英語の字幕を見ながら「聞き取れていない」と思う部分が出てきたら、巻き戻してもう一度聞きます。一生懸命に聞き取れなかった音を聞くことに集中しながら聞きます。繰り返しますが、「意味が分かるかどうか」はこの際どうでも良いです。意識すべきは「音」です!!!(なんてったってリスニングのトレーニングなんですからっ!)

これを1日10分でも良いのでやってみて下さい。最初は退屈に感じるかもしれませんが、続けていると自分が聞き逃しやすい音のパターンが少しずつ掴めてきます。

聞き取れない音ハンターになる大作戦!

リスニング力を上げるために、「量」は不可欠です。英語をシャワーのように浴び続けるとか、ひたすら英語漬けになるといった方法も、ある程度の効果は期待できます。ただ、漫然と聞いているだけだと、何となく英語を聞いて、何となく意味は分かるけど、「やっぱり何となく分からない」という状態に陥ってしまいがちです。リスニングを効率的に鍛えたいのであれば、自分が聞き取れていない音を集中的に訓練して聞けるようになることが必要です。そのために、まずは「自分が聞き取れていない音」を見つけなければならないのです。名付けて、聞き取れない音ハンターになる大作戦です。(名前が長いっ!・・・笑)

「聞き取れない音ハンター」として更にチャレンジしたい場合は、ディクテーションもお勧めです。ディクテーションというのは、耳で聞いた音を書き留める作業(文字起こし)のことです。文字にすることで、自分が聞き取れている音と聞き取れていない音を細かくチェックできますし、後から字幕を見て答え合わせすることも可能です。更に、文字は残りますから「自分が頑張った量」が目で見て分かるのも嬉しいですね。

リスニング強化トレーニング(まずは続ける編)で、コンテンツ選びのポイントについてお伝えしましたが、「ちょっと頑張る編」でも、難易度が高すぎないものを選ぶようにしてください。内容が難しいと「理解すること」に意識が向いてしまい、「音」に集中し難くなります。ですから、内容はストレスなく理解できるレベルのコンテンツがお勧めです。

最近はYouTubeやNetflixなど、英語の映像コンテンツが沢山あります。そして、ありがたいことに、その多くに字幕がついています!ぜひ自分に合ったコンテンツを探してやってみてください。

今回はトレーニング(修業?)っぽい話になりました。トレーニングなだけに「英語コンテンツを楽しく聞く」というよりは、「ちょっとの頑張り」が必要となってくるかと思います。でも、自分が聞き取れない音を見つけ、意識して繰り返し聞くことで、最初は聞き取れなかった音がだんだんと耳に入ってくる感覚が生まれ、聞けるようになります。リスニング力が向上するのが分かります!忍耐が必要かもしれませんが、頑張って「聞き取れない音ハンター」と化してリスニング力を鍛えてください。

「ちょっと頑張る編」のまとめ

映像コンテンツの字幕を「英語」に設定し、字幕を目で見ながら「音が聞き取れているか」を確認する
・「聞き取れていない音」を見つけたら、その音を聞くことに意識を集中してもう一度聞いてみる。
更にチャレンジしたかったらディクテーションも効果的!
一日5〜10分で良いので、「聞き取れない音ハンター」と化して「聞き取れない音」を発見すべし!

今回はリスニング力強化のトレーニングとして、「聞き取れない音ハンター」への第一歩となる「ちょっと頑張る編」をお伝えしました。次回はリスニング強化トレーニング「更に鍛える編」です。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です